大学「学長」ともあろう者が、ネトウヨ発言。「日本のテレビ局は中韓に乗っ取られている。

自分の住んでいる地域(北九州市)について、最近まで知らなかったことがあって、その第一は、地元のFM局であるクロスFMが、2016年に、DHCから買収されていたということだ。

おかしいと思ってたんだ。あのアホ山、失礼、青山繁晴氏がMCをつとめる番組が唐突に流れてきたり、日曜の朝に、「虎ノ門ニュース」なる、どこかできいた名前の番組が編成されていたり。

ラジオのDJってイメージではとてもないアホ山、違った青山センセイのだみ声が、少なくないノイズを伴ってラジオから流れてくるシュールな現実がやっと納得できた。なるほど、DHCね。

迂闊だった。

クロスFMには、長年親しんできたパーソナリティがいたんだけど、南京事件まぼろし派のアパホテルと、中韓ヘイトを吐き散らかすレイシスト会長が経営するDHCに対しては、一切、拒否する自分のポリシーに従って、クロスFMは今後、聴かないことにした。

残念だが、仕方がない。

で、最近まで知らなかったことの第二は、すぐ近くにある九州国際大学の学長が西川京子氏だったという事実だ。

いや、最近というより、このニュースを目にするつい今朝がたまで、知らなかった。

西川京子氏氏と言えば、隣の福岡10区(小倉北区、他)選出だった元自民党議員。核武装論や、女性の社会進出に対する否定的な見解など、極右発言で目立った存在だった。

元自民議員の学長「テレビ局を中韓の局が乗っ取り」
2018年5月3日20時52分

元自民党衆院議員で、九州国際大(北九州市)学長の西川京子氏(72)が3日、福岡市内であった改憲派の集会で、テレビ局の放送内容が護憲に偏っているなどと批判し、「同じビルに中国、韓国のテレビ局が入っている。完全に乗っ取られているんですね。(改憲は)この人たちとの戦い」などと発言した。

発言があったのは、改憲を訴える「美しい日本の憲法をつくる福岡県民の会」の集会。西川氏はまず、陸上自衛隊の日報問題を取り上げ、「(日報を)出さない方が悪いとやっているのは完全に日本のメディアではない」と主張。「いろいろな調査をした」とした上で、日本のテレビ局の建物の中に、中国や韓国のテレビ局が入居しているとして問題視。「以前は一部だったが、今は中枢にいるんですよ。日本人、何やってるんだと言いたい。この人たちとの戦いだということです、憲法改正は」などと述べた。

発言後、西川氏は報道陣に対し、「テレビ局の住所の一覧表を見たら全部(中韓の局と)一緒だった。番組編成上、影響がないとは言えない」と説明。放送内容については、「コメンテーターは憲法改正に賛成じゃない人が圧倒的に多い。バランスが取れていない」などと話した。

https://digital.asahi.com/articles/ASL535RKRL53TIPE011.html

まあしかし、とてもではないが、大学「学長」の座にある者の発言とは、思えない。

こんな学長の下で勉学に励んでいる学生たちが、気の毒で仕方がない。

ネトウヨがネット上で撒き散らす妄言をそのまま信じ、広言して恥じないのだ。

もっとも、ニッポン国の総理もそういう傾向があるので、不思議ではないけれど。

どうして、中韓のテレビ局が日本のテレビ局に間借りしていることが「乗っ取られている」ということになるのか。

じゃあ、イオンなどの大型商業施設にユニクロがテナントを借りていたとして、イオンはユニクロに「乗っ取られて」いるとでもいうのか。

韓国のKBSテレビにNHKソウル支局がテナントとして入っているが、KBSはNHKに乗っ取られているのか。

 

これらは中韓しか目に入らない連中の、「偏向」した意見であると言えます。

実際には、NHKの中にはKBSやCCTV以外にも、ABCニュース東京支局(米)(参照)とオーストラリア放送協会(参照)も入っています。

他の放送局にも海外メディアが入っているのはごく普通のことで、ネットで調べられたものとしては以下のようなものがあります。

=====

BBC(英)
SBS(韓)⇒日本テレビ(参照)(参照)

ザ・タイムズ(英)
韓国日報
オーストラリアン新聞⇒読売テレビ(参照)

AFP通信(仏)
ドイツ通信
中央日報(韓)⇒時事通信社(参照、参照、参照)

AP通信(米)⇒共同通信社(参照)

CBS(米)⇒TBS(参照)

NYタイムズ⇒朝日新聞社(参照)

=====

見て分かる通り、欧米のメディアも入っています。これらのメディアにも「監視」されているって言うんですかね? それに、場所を貸してやってるんだから、逆に「監視」しているとは考えないんですかね? 場所を借りてる方より貸してる方がずっと強いでしょう。

また、当然のこと日本のメディアの海外支局も海外のメディアに部屋を間借りしていることがあり、一例としてNHKのアジア総局はタイのチャンネル9に入っています。当然日本のメディアが韓国のメディアに間借りしていることも多く、NHKソウル支局はKBS内に(参照)、フジテレビソウル支局はMBS内(参照)にあり、相互関係になっています。日本テレビソウル支局は毎日経済新聞社内にあります(参照)。情報ソースの確認ができませんでしたが、産経新聞と京鄕新聞も相互関係にあるようです。

以上のように、中韓以外のメディアも日本のメディアに場所を間借りしていて、同様に日本も他国のメディアに場所を間借りしているわけです。韓国のメディアが日本のメディアに場所を借りているからと言って、驚くことは何もなく、それを根拠に「反日」なんて言うのは、単に無知なだけなのです。

韓国や中国の企業と協力関係にあると、すぐに「反日」レッテル貼りをする人は少なくありません。しかし、調べてみれば、多くの場合欧米など他国とも似たような関係を築いていて、中韓を特別扱いしているなんてことはないのです。

http://datsuaikokukarutonosusume.blog.jp/archives/1004490783.html

以上は、愛読している良ブログ「脱愛国カルトのすすめ」の中の一記事を抜粋したものだ。

西川京子「学長」の「主張」が、いかに欺瞞と偽りに満ちたものであるか、たったこれだけで明らかになる。

極右やネトウヨが声高に述べる言説が、いかに底の浅いものであるのか、これはその好例であると言ってもいいだろう。