福島第一原発では、事故後の収束作業に従事する数十人の方が亡くなっています。

福島第一原発では、事故後の収束作業に従事する数十人の方が亡くなっています。

就業中・終業後、敷地外・敷地内を含めて、原子力非常事態宣言下で、通常よりも猛烈な被爆をしながら作業し生活しています。

東京電力は、あまり調査すらせずに、「作業との因果関係はない」と結論付けています。

何千人の方が今でも収束作業に従事していますから、通常の労災事故もあるとは思います。

しかし、どうも、政府や東京電力は、あの事故で直接の犠牲者を出してはならないという、見えない力が働いているかのようです。

以上、ヤフコメより。

あんな事故が起こって、タダで済む筈がない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です